コーヒー農場での種から苗木、収穫、出荷までです。

種〜発芽〜苗木

パーチメントコーヒーが苗床に蒔かれてから40日から60日で発芽し、発芽後半年くらいでおよそ50㎝の苗木に成長します。

種〜発芽〜苗木

開花~実

苗床から農園に移されて、およそ3年で開花します。

花の香りはジャスミンの香りに似ています。

その後小さな実がつきおよそ6〜8ヶ月で真っ赤に熟したコーヒーチェリーとなります。

開花~実

収穫

いよいよ収穫です。

収穫

ナチュラル

収穫したコーヒーチェリーを果肉のついたまま乾燥します。

乾燥が終わったコーヒーは脱穀され、グリーンコーヒーになります。

主にブラジルやエチオピアなどで行われます。

ナチュラル

ウォッシュド

収穫したコーヒーは貯水槽の中で比重により異物や未熟豆が除去された後、コーヒーチェリーの果肉を皮むき機(パルパー)により除去し、粘液質の付着したパーチャメントコーヒーの粘液質をとるため発酵工程を経て、粘液質がさらさらになったら、キャナルと呼ばれる水洗機できれいに洗われ乾燥工程に移ります。

ウォッシュド

選別~出荷

精製された生豆(グリーンコーヒー)は異物除去され、比重選別、比重選別、スクリーン選別、電子選別機、ハンドピックにより、タイプ別に麻袋に袋詰めされ、消費地に向け出荷されます。

選別~出荷

コーヒーの買い付け(ブラジル編)

ブラジルではクラシフィカドールと呼ばれるコーヒー鑑定士が、ブローカーの持参するサンプルを検査し価格を決める。熟練の技で、瞬時にタイプ価格を決めてしまう。

コーヒーの買い付け(ブラジル編)
メールでのお問い合わせ
  • 楽天ショップ
  • 業務用コーヒー・商品卸